So-net無料ブログ作成

平安時代(11) [まとめプリント]

前回に引き続き、ややこしい荘園制を見ていきますよ-!
頑張りましょう!!

平安11.jpg

まずはプリントの左側、①荘園の歴史です。
前回の内容と重複する部分がたくさんあるので、復習も兼ねて進めていきましょうね。

8~9世紀ごろの政府の課題は、人口増加による口分田不足の解消と、税の増収です。
そこで、
722年の百万町歩開墾計画(ひゃくまんちょうぶかいこんけいかく)、
723年の三世一身法(さんぜいっしんのほう)を経て、
743年に墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)を発令します。
これによって公地公民の原則は崩壊し、人々は自分の土地を持つことができるようになります。

すると、力のある者、たとえば有力貴族や大寺社は、
周辺の班田農民(口分田を耕して租を納める、戸籍に登録された農民のこと)や、
口分田を捨てて浮浪(ふろう)している農民などを使ってどんどん開墾を進め、
自分の土地を広げてゆきます。

こうして生まれるのが、初期荘園(しょきしょうえん)です。
自分で開墾した土地なので、墾田地系荘園(こんでんちけいしょうえん)ともいいます。

初期荘園は、基本的には租が課せられる輸租田(ゆそでん)です。
有力貴族や大寺社は、自分たちの土地にかかる租を国衙におさめ、
残ったぶんを自らの収入としたのです。

一方、農民のなかにも豊かな者が現れるようになります。
こちらも浮浪する貧しい農民などを労働力として取り込み、どんどん力をつけてゆきます。
このような有力農民を、田堵(たと)といいます。
前回も登場しましたね!
覚えていますか?

有力貴族や大寺社、そして田堵が、それぞれ初期荘園を拡大するための労働力として、
浮浪する農民を使っていることからも分かるように、
このころ各地では、浮浪・逃亡(とうぼう)・偽籍(ぎせき)が横行しています。
結果、政府は戸籍・計帳によって農民たちを管理できなくなり、財政難に陥ってしまうのです。

そこで、政府は直営方式を採用し、
823年、大宰府管内に公営田(くえいでん)を、
879年、畿内に官田(かんでん)、または元慶官田(がんぎょうかんでん)を設置します。

ちなみにこのころ、天皇は勅旨田(ちょくしでん)、
院宮王臣家(いんぐうおうしんけ)は賜田(しでん)という土地を集積しています。

このあたりについては、平安時代(2)で詳しく書いたので、復習しておいてくださいね!

*   *   *

とはいえ、公営田や官田といった直営田(ちょくえいでん)を設置するだけで、
財政難が克服できるわけではありません。

902年には、醍醐天皇(だいごてんのう)が
延喜の荘園整理令(えんぎのしょうえんせいりれい)を出しますが、もはや手遅れです。

10世紀、政府はついに、税制の大転換に踏み切ります。
従来の人頭税(じんとうぜい)をやめて、
官物(かんもつ)・臨時雑役(りんじぞうやく)という地税を徴収することにしたのです。

この徴収は、これまでの郡司にかわって、国司が請け負うことになります。
徴税って、なかなか大変な作業なんですよね~…
そこで政府は、その見返りとして、国司に任国の統治を一任することにします。
税を徴収して、ちゃんと政府に納めてくれるなら、あとは好きにしてイイヨ!ということです。
結果、国司はオイシイ職業となり、成功(じょうごう)・重任(ちょうにん)が繰り返され、
受領(ずりょう)というガメツイ国司まで現れるようになるのです。

先ほども述べましたが、徴税はホントに大変です。
そこで国司は、有力農民である田堵を利用します。
新しい徴税単位である名(みょう)の耕作を田堵に任せ、税の納入を請け負わせるのです。
このように、名の経営を請け負う田堵を、とくに負名(ふみょう)と呼びます。
田堵(負名)のなかには、国司と手を結んで大規模な経営をおこなう、
大名田堵(だいみょうたと)と呼ばれる者も現れます。

*   *   *

土地の開発をどんどん進める大名田堵は、
やがて開発領主(かいはつりょうしゅ、または、かいほつりょうしゅ)と呼ばれるまでに成長します。

ややこしいですね…
田堵→負名→大名田堵→開発領主
という感じで成長していくんだと理解してください。

さらに、地元でブイブイいわす開発領主の多くは在庁官人(ざいちょうかんじん)となり、
国司不在の国衙、いわゆる留守所(るすどころ)の行政を担うようにもなるのです。

でもねー、開発領主なんて呼ばれちゃうくらい土地を広げてはみたものの、
めっっっっっちゃ税をとられるんですよ!

そこで開発領主たちは考えます。
なんとか税を逃れる方法はないかなぁ~…って。

するとね!
なんだかイイモノを持ってる権力者がいることを知るのです!!

そのイイモノとはズバリ!
不輸の権(ふゆのけん)・不入の権(ふにゅうのけん)という特権です!!

平安11-2.jpg

まず、不輸の権とは、税を免除される権利です。

ナニソレ!
めっちゃ羨ましくないですか?
みんなも「消費税を免除される権利」なんてあったら、欲しいでしょう!!
ないけどね(笑)

不輸の権が認められた荘園には、2種類あります。
官省符荘(かんしょうふしょう)と国免荘(こくめんのしょう)です。

符荘とは、
太政符(だじょうかんぷ、または、だいじょうかんぷ)、もしくは民部符(みんぶしょうふ)で、
不輸の権を認められた荘園のことです。

符(ふ)とは、上からの命令です。
つまり不輸の権は、太政官もしくは民部省の命令によって認められるのです。

ちなみに、符の反対は、解(げ)ですよ。
なにそれ?という人は、988年のゴロ合わせをご覧下さい。

988-2.jpg

国免荘とは、国司によって不輸の権を認められた荘園のことです。
ただし、これは国司が個人的に認めるものなので、
国司が入れ替わったりすると、無効になってしまう場合があったようです。
いやぁ~、それはモメるでしょうね…

次に、不入の権とは、国司の使者の立ち入りを認めない、という権利です。

国司は、国内の耕作状況を調査して、課税量を決定するため、
検田使(けんでんし)という使者を各地に派遣します。
しかし、不入の権を認められた荘園には、検田使は立ち入れないのです。

こうなると、荘園のなかで何がおこなわれ、どれだけ収穫があるのか、
国司はまったく把握できないわけです…
荘園領主としては好きホーダイしますよね、そりゃ…

*   *   *

というわけで開発領主たちは、こんな魅力的な特権をもつ権力者たちに土地を寄進し、
課税を免れようとするのです。

「えー!そんなことしたら自分の土地じゃなくなっちゃうじゃん!!」って思いますよね。
そうなんです、その土地は、寄進した権力者のものになってしまいます。

でもね、権力者はたいてい中央に家があるんですよ。
それなのに、色んなところにある土地を寄進されても、
わざわざ現地に行って管理なんてできないんですよ。

なので、土地を寄進してくれた開発領主を荘官(しょうかん)に任命し、
いままで通り、管理を任せるのです。

平安11-1.jpg

つまり、寄進によって土地の名義が権力者にかわっただけで、
土地の管理はこれまで通り開発領主がおこなう、というわけです。
あったまいいですねー!

これを寄進地系荘園(きしんちけいしょうえん)といいます。
寄進地系荘園は、11世紀なかばにはどんどんと広がり、公領を圧迫してゆきます。

そこで、1069年に延久の荘園整理令(えんきゅうのしょうえんせいりれい)が発令されるのですが、
それはまたのちのお話。



プリントの右側にうつりましょう。
②寄進地系荘園の発達、です。

開発領主は課税を逃れるため、貴族や寺社などの有力者に土地を寄進するんでしたね。
寄進を受けた権力者は領家(りょうけ)と呼ばれ、
開発領主を下司(げし)・公文(くもん)などの荘官、つまり荘園の管理人に任命します。

領家のなかには、この寄進された土地を、
さらなる権力者、たとえば皇族・摂関家・大寺社など、に寄進をすることがあります。
領家から寄進を受けた超権力者を、本家(ほんけ)と呼びます。

領家と本家のうち、荘園の実質的支配権をもつ方を、本所(ほんじょ)と呼びます。
本所は、荘園における支配権を強めるため、
家臣を荘官として現地に派遣し、下司や公文を指揮させることがありました。
この上級荘官を、預所(あずかりどころ)と呼びます。
なかには、下司や公文のなかから預所に任命される、というパターンもあったようです。

これが、寄進地系荘園のモデルケースです。
分かりましたか?

ではここで、史料を使って、実際の例を見てみましょう。

鹿子木(かのこぎ、肥後国鹿子木荘(かのこぎのしょう)のこと)の事
一、当寺の相承(そうしよう)は、開発領主沙弥(しやみ、在俗の僧のこと)寿妙(じゆみよう)嫡々(ちやくちやく)相伝(そうでん)の次第なり。
一、寿妙の末流高方(たかかた、寿妙の孫である中原高方のこと)の時、権威を借らむがために、実政(さねまさ)卿(大宰大弐(だざいのだいに)である従二位(じゆにい)藤原実政のこと)を以(もっ)て〔1    〕と号し、年貢四百石を以て割(さ)き分(わか)ち、高方は庄家(しようけ、荘園の管理施設のこと)領掌(りようしよう、領有して支配すること)進退(自由にあつかうこと)の〔2    〕職 ((ふつう下司・公文などの下級荘官を指揮して現地を管理・支配する上級荘官のこと、職は職務とそれにともなう権益のこと)となる。
一、実政の末流の願西(がんさい、藤原隆通(ふじわらのたかみち)が出家後に名乗った法名のこと)微力の間、〔3    〕の乱妨を防がず、この故に願西、〔1    〕の得分(収益のこと)二百石を以て、高陽院内親王(かやのいんないしんのう、鳥羽天皇(とばてんのう)の皇女のこと)に寄進す。(中略)これ則ち〔4    〕の始めなり。
(東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじよ)、原漢文)


空欄にあてはまる語句は分かりましたか?

1…領家
2…預所
3…国衙
4…本家

入試で狙われるのは、たいていこの部分ですが、
たま~に鹿子木荘の場所(肥後国、現在の熊本県)を問われたり、
高陽院内親王のお父さん(鳥羽天皇)のことを問われたりすることもあります。

では、この史料を、簡単に訳しておきましょう。

鹿子木荘のこと
一、鹿子木荘は、開発領主である寿妙の子孫が代々受けついできたものである。
一、寿妙の孫である中原高方は、権威を借りるために藤原実政を領家とし、年貢のうち400石を上納した。そして、中原高方は荘園の現地を完全支配する預所となった。
一、藤原実政の孫である願西には力がなく、国衙の不当な干渉を防げなかった。そこで願西は、領家の収益のうち200石を上納する条件で、高陽院内親王に寄進した。これが鹿子木荘の本家のはじめである。

つまり、
開発領主の寿妙の孫にあたる中原高方が、藤原実政に土地を寄進し、
藤原実政が領家、中原高方が荘官(預所)となった。
その後、藤原実政の孫にあたる願西が、高陽院内親王に土地を寄進し、
高陽院内親王が本家となった、ということですね。

人間関係が見えてきましたか?
プリントの右上にある鹿子木荘の表に、人名を埋めて、頭を整理しておいてください。

ちなみに、この史料の出典は、東寺百合文書です。
とうじゆりもんじょ、じゃないですよ、とうじひゃくごうもんじょ、と読みます。
中世を中心とするたくさんの古文書(こもんじょ)が入った約100個の箱が、
東寺(教王護国寺)に伝わったのが、その名前の由来です。

*   *   *

ひとまず荘園制度のお話はこれで終わります。
でも、すぐに荘園公領制(しょうえんこうりょうせい)が登場しますので、
ここまでのところをしっかりと整理しておいて下さいね!

それでは、最後に解答を載せておきましょう。

平安11解答.jpg



次回から、2回にわたって武士を取り上げます。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

nice! 7

コメント 2

U3

じっくり読まないと分からない(笑)
by U3 (2018-05-12 07:08) 

春之助

U3さま

的確なコメントをありがとうございます。
荘園制度はなかなか簡潔に説明することが難しく、これでも相当頭を悩ませながら書いた次第です。
もっと分かりやすい文章になるよう、精進いたします。
by 春之助 (2018-05-12 14:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。