So-net無料ブログ作成

722年 百万町歩開墾計画を出す [年号のゴロ合わせ]

今回から3回にわたって、奈良時代の土地制度を取りあげます。



奈良時代の土地制度は、次の三段階で覚えましょう!

①722年 百万町歩開墾計画(ひゃくまんちょうぶかいこんけいかく)
②723年 三世一身法(さんぜいっしんのほう)
③743年 墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)

まず、①の百万町歩開墾計画です。

このころ、班田収授(はんでんしゅうじゅ)がおこなわれていました。
朝廷が6歳以上の男女に口分田(くぶんでん)という田んぼを与える制度で、
これによって租(そ)という税を徴収しました。

口分田を与える相手は「6歳以上」という制限があるため、朝廷は人々の年齢を把握しなければなりません。
ここで用いられるのが戸籍です。

班田収授という言葉が初めて登場するのは646年の「改新の詔」ですが、
全国的な戸籍が初めてつくられたのは670年の庚午年籍ですので、
班田収授はこれ以降に実施されたものと考えられます。

さて。

やがて人口が増加し、8世紀に入るころには口分田が不足してきました。
口分田が渡せないと大変です、租が徴収できません。

そこで出されたのが「百万町歩開墾計画」です。
朝廷は、農民に食料と道具を支給して10日間開墾に従事させ、良田を100万町歩開こうとしたのです。

町歩(ちょうぶ)は面積の単位で、約109m四方のことです。
(109m×109m)×100万ですよ…け、計算できます?(笑)
10世紀の初めごろでも全国で約88万町歩くらいしかなかったそうですので、
これはとんでもない数字です。
※以前、「1町歩=109㎡」と書いていましたが、お詫びして訂正いたします。
 ご指摘くださった方、ありがとうございました。(2018年6月2日)

722.jpg

当時の権力者は右大臣の長屋王(ながやおう)です。
後日まとめプリントで詳述しようと思いますが、天武天皇の孫にあたる人物です。

百万町歩というのがとんでもない数字であるため、
これはあくまでもスローガン、目標ではないか、と考えられています。
なんにせよ、残念ながら成果はあがらなかったようです。

それでは、今日のゴロ合わせ。

722年.jpg



百万町歩開墾計画が失敗に終わったということで、口分田はまだまだ不足した状態です。
これを打開すべく出されたのが、三世一身法です。
次回、詳しく述べたいと思います。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 4

お名前(必須)

めっちゃわかりやすいです!
ありがとうごさいます!
by お名前(必須) (2016-07-03 19:32) 

春之助

コメントありがとうございます!!
励みになります☆
by 春之助 (2016-07-03 19:38) 

wo

こんにちは。とてもわかりやすいイラストなので
学校の授業で使ってもよろしいでしょうか?
by wo (2017-06-14 19:48) 

春之助

wo様
嬉しいコメントありがとうございます。
教材への二次利用について、サイドバーにブログメールを設けましたので、ご面倒をおかけしますが、こちらから申請をお願いいたします。
by 春之助 (2017-06-14 22:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました